Apple語の広告がわかりやすい、ということを伝える | 宮崎市周辺の不動産をお探しなら株式会社日中商事 宮崎店にお任せ下さい。

宮崎市の不動産は株式会社日中商事宮崎店
Apple語の広告がわかりやすい、ということを伝える

みなさんこんにちは!

 

最近の広告、情報量が多くて煩わしいと思ったことはございませんか?

 

私はあります。このインターネット大航海時代に必要な情報を絞り出すのは大変だな、と

痛感しています。

 

ところで、日本で一番売れているスマートフォンは、、、そう、iPhoneですね!


オシャレでスマートで、機能が豊富、持っているだけでステータス、人それぞれ持つ理由があると

思います。その天下のApple様の広告です。

 

iPhone 12とiPhone 12 mini

早い話、速いです。

5Gの速さ。スマートフォンで最速のA14 Bionicチップ。
エッジからエッジまで広がるOLEDディスプレイ。耐落下性能を
4倍向上させるCeramic Shield。どのカメラでも使えるナイトモード。
その2つ完璧で。iPhone 12、登場。

要は、主論→主題→修飾説明で、限られた文字数で「おっ!」と言わせるのが上手ですね!

(日本語に訳す人がそういうオシャレな感じだと思います)

 

最近面白い文学を見つけまして、、、

 

★桃太郎なのに、とってもApple

 

こんな桃、見たことがない。

川上に目をやれば、どんぶらこ。

洗濯をしていたおばあさんが見つけたのは、世界で一番大きな、桃でした。

このような桃は、わたしたちも見たことがありません。もちろんおばあさんも、見たことがありませんでした。山に芝刈りに行っていたおじいさんも見たことがなかったはずです。

流れてきたのは、本当に大きな桃だったのです。

 

 この調子で文が続いていくわけですが、本当に短く、簡潔に言いたいことを弁明しているのが

分かりますね。

 

広告を作る際(もちろんお知らせやネットに乗せる文面について)色々参考になります。

 

少しずつですが、規制に引っかからない、面白い文面を作っていきたいですね!

 

投稿日:2021/04/27   投稿者:咲花 紳太郎